読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナンバー制度をがっつり勉強する

マイナンバー制度の概要、そして詳細を理解することを目的としたブログです。

マイナンバーの目的についてわかりやすく知りたい

基本的な情報

f:id:marrige130110:20160201121239j:plain

2016年1月からマイナンバー制度が始まりました。人によってはあれよあれよと、自分の知らないところで議論が進み、いつのまにか始まったという印象を持つ人もいるでしょう。

今更だけれど、結局のところ、マイナンバーって何を目的としているの?本記事ではそんな疑問を持つ人のために、マイナンバーの目的をわかりやすく解説していきます。

 

マイナンバーの目的は3つ

結論から言えば、マイナンバーの目的は下記の3つになります。これは政府のマイナンバー紹介サイトでも説明されている内容です。

 

  1. 公平・公正な社会の実現
  2. 行政の効率化
  3. 国民の利便性の向上

 

ただ、こんな風にお題目だけでは内容がわかりません。下記ではそれぞれについて、もう少し詳しく説明していきます。

 

1. 公平・公正な社会の実現

これは一例としてサラリーマンと自営業者の税金のとられ方があるでしょう。サラリーマンの方は源泉徴収で確実に所得を捕捉されてしまっていますが、自営業者はこれまであの手この手で税金を最小化することができました(時にやりすぎで脱税容疑で捕まってしまう方も少なくありませんでしたが)。そこには少なからず不公平感があったわけです。

マイナンバー制度が導入されると、これまで把握されづらかった(主に自営業者の)所得が把握されることになり、税金を納める際の不公平感をなくなるということなのです。あくまで一例ではありますが、マイナンバーによって他にもお金の流れが明確になるということは間違いないでしょう。

 

2. 行政の効率化

次にあるのが行政手続きの効率化です。誰もが役所の手続きに行ってめんどくさいと思ったことはあるのではないでしょうか。たとえば、引っ越しをした際、その手続きの内容はかなりのものです。まずは旧住所で転出届を取得、新居を登録するために住民票の取得、新住所においても転入届を提出して、年金や健康保険の手続きも必要です。さらには運転免許の住所書き換えも必要ですし、新住所の住民票も取得する必要があります。

もちろん、これらは必要な手続きではあると思うのですが、手続きする側にはかなりの手間ですし、それを管理する役所としても情報の照合や転記・入力などなど、かなりの時間と労力がかかってしまっています。マイナンバーがあれば、いくつかの情報をマイナンバー1つでまとめることができます。そうすれば、上記の引っ越しのような手続きにおいても、作業の重複など無駄な作業が双方ともに無くなることが期待できるというわけです。

 

3. 国民の利便性の向上

最後3点目は、上記でも書きましたが行政ではなく、国民が便利になるよということです。マイナンバーがあることで上記で例として挙げた引っ越しにおいても、添付書類が必要なくなったりするなど、手続きが簡素化されることが期待できます。

 

 

本当の目的は政府による財産補足?

以上3つが、政府が発表するマイナンバー制度の目的です。もちろん、いずれもその通りなのでしょうが、建て前的な感じがしないでもありません。疑り深い人たちとしては、本当はそれ以外にも言いづらい裏の目的があるのではと勘ぐってしまうかもしれません。

そういう観点でマイナンバーの目的としてよく言われるのは、政府の税収を増やすことです。マイナンバー制度によって、私たちは所得税や相続税、さらには後々は銀行口座の中身まで把握されるようになるわけです。そんなにもらっていませんよといって、各種の税金から逃れようとしても、それはこれまで以上に難しくなるわけです。

例として挙げられるのが水商売で働く方々です。これまで水商売の方々の多くはきちんと確定申告をしていなかったそうです。しかし、マイナンバーが導入されるとそうもいきません。他にもいわゆる副業をしていた人たちというのも、同じように税金の徴収が明確化されるようになるでしょう。このようにして増える、政府の税収というのは数兆円と言われています。大っぴらに税収増と言われてはいませんが、上記3つの目的の裏に、政府としては税収増を期待していることは間違いないでしょう。

まさかの預金封鎖という懸念

こうした政府による財産補足に懸念を持つ人のなかでは、「預金封鎖」という事態を警戒している人も少なくありません。預金封鎖とはその名の通り、預金を引き出したり、海外に送金したりできなくなる事態です。

実際、2013年にはキプロスという国が財政破たんした時には、この預金封鎖が行われました。また、2015年には財政危機にあったギリシャにおいても、預金封鎖自体は行われませんでしたが、現実的な危機にあったために多くの人がその前に現金を引き出そうと銀行に長蛇の列ができました。

 

 

日本において、そのようなことが起こるかはわかりません。しかしながら、マイナンバーによって財産を捕捉されるということは、そういった状況をつくりだす一因にもなりうるということを私たちは真剣に考えなければいけないのかもしれません。