マイナンバー制度をがっつり勉強する

マイナンバー制度の概要、そして詳細を理解することを目的としたブログです。

マイナンバーを教えると会社員の副業はバレてしまうの?

f:id:marrige130110:20160216090918j:plain

マイナンバー制度の開始で話題になったことの1つが副業がバレてしまうというものです。ちょっとしたお小遣い稼ぎをしているサラリーマンだけではなく、夜に水商売をしている女子大生やOLさんも震え上がるだろうなどということが話題になっていました。雑誌BIG tomorrowの読者の方は、きっと青くなって震え上がっていたことでしょう。

 

実はマイナンバーと副業ばれの関係性はない

そのように言われていましたが、実はマイナンバーと副業が直接関係しているわけではありません。マイナンバー制度が始まろうと、始まる前だろうと、副業をしていて確定申告をすれば、本業の会社の経理や総務の方はすぐに気づいてしまうはずです。

というのも、たとえば誰かに雇われる副業であればそこから得る収入は給与所得にあたります。本業の会社も当然給与所得です。副業をしていたら、「給与所得」が本来より増えることになり、住民税はそこから算出されます。それをみれば住民税が明らかに多いわけですから、あら、この人、なんかおかしい、会社からの給与所得より多いわとなるわけです。つまり、マイナンバーが始まるからどうこうというものではなく、副業をしていて確定申告をすれば、以前からずっと会社に副業がバレる危険性があったということです。

もし、既に副業をしていて、確定申告もしていたということであれば、もしかしたら会社の人はそれをわかっていながら目をつむってくれているのかも…!もしくはたまたま気づいていなかったか。それはそれでちょっと気になりますね。。。

 

マイナンバー開始で困るのは確定申告をしてこなかった人たち

とにかくそう考えると、これまで副業をしてきたけれど、確定申告をしてきた人にとっては、マイナンバーの開始によって大きく変わることはないのです。

今回困るのは、確定申告をやってこなかった人たちです。本来であれば、上述のように何かしら副業をしているのであれば、確定申告は必要です。それをやってこなければ、当然住民税にも反映はされていないわけですから、会社にばれないのも当然です。

それが、今回のマイナンバー施行によって、おそらく多くの人が確定申告をしないという選択肢は難しくなるはずです。それは心理的な面もありますし、またマイナンバーが割り振られることで、誰がどこでどのように収入を得ているかが税務署としても把握なりやすくなります。つまり、これまでは確定申告をせずとも会社にも税務署にもわからなかったものが、今後はばれやすくなると言えるでしょう。

 

マイナンバーによって進化する確定申告

ちなみにですが、マイナンバー制度が始まることによって、確定申告の手続き方法自体も変更があります。大きく言えばいろいろと便利になります。かつ、マイナンバーで一元管理することで、ミスや不正などを防止できるようになります。

たとえば、住宅ローン控除などの手続きでは必要書類に加えて住民票も必要でしたが、マイナンバーがあれば住民票が不要になります。この住民票、他にも引っ越しやパスポートの申請などさまざまな場面で必要になりますが、会社勤めの人だと取得が非常にめんどくさいですよね。今後は自治体のさまざまな手続きで、住民票は不要になることが予想されます。

また、どうしても住民票が必要な場合でも、今後はコンビニで受け取れるようになる予定です。インターネット上で手続きができますので、会社のお昼休みにパソコンで住民票の申請をしたら、数日後に自宅近くのコンビニで受け取れることだってできるのです。このように、マイナンバーではさまざまなことが便利になりそうです。

 

大変になること、厳しくなることもちょっとある

一方、ある意味作業が増えることもあります。これは当然なのですが、私たち個人も事業者もさまざまな書類にマイナンバーを記載しなくてはいけないようになります。数人の会社ならいいですが、1,000人、10,000人もの会社となると、番号を管理するだけで大変ですね。万が一、漏えい・流出なんてことが起きたら「ひいっ」って感じです。
また、マイナンバーができたことで本人確認がより厳格になることが想定されます。マイナンバーを提示された際には、それを証明するために運転免許証や住民票の写し等が必要になる場合もあるでしょう。つまり、部分的には手続きが煩雑になる可能性もあるということです。

 

 

以上、マイナンバーと副業の関係性について紹介をしました。これまで副業をやっていたけれど、確定申告をしていた人は特に大変なことはなさそうです。安心してください。その逆は…、もしかしたら会社にバレてなんてこともあるのかもしれません。

冒頭で紹介した水商売を副業でやる大学生やOLさんなんかは、一斉に副業をやめるかもなんて噂も流れていました。制度開始から既に2か月近く、そういった点がどのようになったか改めてレポートしたいと思います。
お読みいただき、ありがとうございました。