読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナンバー制度をがっつり勉強する

マイナンバー制度の概要、そして詳細を理解することを目的としたブログです。

会社にばれずに副業を続ける方法

f:id:marrige130110:20160217112354j:plain

マイナンバーが施行されたことで話題になっていることの1つが、副業をどうするかではないかと思います。夜の水商売をしている人が確定申告を恐れて大量にいなくなるのではないかといった噂もあります。

会社勤めをしながらこっそり副業をしている人にとってもこれは決して無関心ではいられないでしょう。会社にばれずに副業を続けるにはどうしたらよいのでしょうか?

 

確定申告時に普通徴収を選ぶことが大きなポイント

安心してください。実はあることをするだけで、副業がバレる確率をぐっと減らすことができます。それは見出しにあるように、確定申告の際に「普通徴収」を選択することです。

特別徴収と普通徴収

もう1つの方法を「特別徴収」と言います。こちらは確定申告で収益を加えて、住民税を算出して、それを会社に天引きしてもらうという方法です。おわかりだと思いますが、住民税の徴収を会社に任せるということは、そこから「あれ、住民税がやたら多いな?」→「会社以外で収入があるということか?」となってしまうのです。

一方、普通徴収は確定申告で申告した利益分の住民税については、会社ではなく自分自身で払うよという方法です。納付用の書類等についても、自宅に届きますから、それが会社に知られることはありません。ですから、ご自身で確定申告をするときは普通徴収を選びましょう。そうすれば、会社に副業がばれる可能性をぐっと減らせるはずです。

住民税の算出方法について

ちなみにですが、住民税とは市町村に納める市町村税と都道府県に納める都道府県民税の2つに分かれます。納税額は基本的には、一律にかかる定額部分の「均等割」と所得に比例する「所得割」、これらを足し合わせることで決まります。

もし本業以外の収入が手取りで200万円あるとすると、それを確定申告した場合には、住民税の所得割額はおおよそ20万円ほどになります。この金額を12か月で割った約16,000~17,000円くらいが毎月の住民税額にプラスされます。

給与所得の場合には普通徴収にはできない

以上、大まかですが住民税の普通徴収、特別徴収、それから簡単な算出方法について紹介しました。

ただ、例外もあります。副業として得ている収入が給与所得の場合には、普通徴収で確定申告をすることはできないのです。要は本業の会社以外と「雇用契約」が結ばれている場合にはダメだということです。ですから、下記のような収入であれば普通徴収を選ぶことができます。

  • 不動産所得
  • 一時所得
  • 雑所得
  • 事業所得

もし副業をされている場合には、それがいったいどのような名目になっているのか、きちんと確認するようにしましょう。

安心できないもう1つの例外

さて、上記を踏まえると、普通徴収にすれば副業はバレなさそうだと思えそうです。ただ、1つ考えておかなければいけないことがあります。それが自宅に届く住民税の納付用の書類についてです。

普通徴収を選択していれば、この書類は自宅に届きます。…そのはずです。しかし、これが市区町村によっては、勤務先の会社にも送られてしまうケースがあるのです。しかも、この人は給与所得以外の所得があって、そこから住民税が発生してますよとわかるように。

このあたりは自治体ごとに厳しい厳しくないといったところが違うようです。ケースとしてはさほど多くはないと思います。基本的には大丈夫だとは思いますが、念のためにお住まいの自治体の特別徴収と普通徴収のルールについてしっかりと確認しておきましょう。

 

チェックしておきたい就業規則の副業の定義

また、もう1つチェックしておきたいのはそもそもの前提として、副業とは何を指すのか?、所属している会社で副業することがどう規定されているのか?ということです。チェックしたいのは「就業規則」。そこには副業について規定が書いてあるはずです。いま自分がやっている副業は、会社の就業規則に照らし合わせると実は副業じゃないかもなんてこともあるかもしれません。

就業規則次第で副業への取り組み方が変わる

それに実際のところ、法律的には副業に定義があるわけではありません。ここをきちんと考えて、かつ上述の普通徴収を参考にすれば、副業としてひっかかるパターンはかなり減らせるように思います。

しかしながら一方で、就業規則で明らかに副業が禁止されている場合もあるでしょう。そのような場合には、それだけで副業をすることは非常に危険な行為となってしまう可能性があります。上述したように、まずは就業規則内での定義について確認をしつつ、明らかにアウトという場合には、もしばれた時にどうするかという対策について考えておいたほうがよいでしょう。

難しい言葉の書かれた就業規則を見るのは大変ですが、それだけで安心して副業ができるのであれば安いものではないでしょうか。ぜひ、時間を見つけてじっくりと就業規則を読んでみてください。

 

 

以上、お読みいただきありがとうございました。