マイナンバー制度をがっつり勉強する

マイナンバー制度の概要、そして詳細を理解することを目的としたブログです。

個人だけじゃなくて法人にもマイナンバーがあるって知ってた!?

f:id:marrige130110:20160224100239j:plain

あまり知られていないことですが、マイナンバーって実は国民だけのものではないんです。法人、会社にもそれぞれ13ケタのマイナンバーが割り振られています。正式名称は法人番号といって、1つの法人に1つの番号になります。平成27年の10月から各企業に法人番号は通知されています。

本記事では法人番号についてご紹介します。

 

法人番号もマイナンバーと同じくセキュリティには要注意?

マイナンバーというと、常にセキュリティと詐欺について語られています。2016年1月の施行以後、既に高齢女性が数百万円を超える詐欺にあっていたりと、今後はますますこういった事態について対応が必要になるでしょう。

一方、法人番号の場合ですが、こうしたセキュリティは特に必要としていません。そもそも、個人マイナンバーと違って、法人番号は公表されるものです。これは法人にはプライバシーはないという考えに基づいています。もちろん、それと企業内部の個人情報や機密情報は全く別の話です。

法人番号が割り振られる会社、そうでない会社

ところでこの法人番号ですが、実はすべての会社に交付されるというわけではありません。基本ほぼすべての会社と言ってもいいでしょうが、下記の項目が交付される種別となります。ただ、もし交付されなかったとしても、希望すればどの会社であっても番号は交付されるようですからご安心ください。

  • 国の機関
  • 地方公共団体
  • 設立登記法人
  • 国税への届出を義務付けられている団体

また、たとえば大企業で日本・海外各地に支店があるようという場合には、本店のみに法人番号は割り振られ、支店については割り振られません。登録された法人番号は国税庁の運営するサイトで確認でき、他の会社を検索することもできます。便利!

会社に法人番号(マイナンバー)が必要な理由

そう考えると、なぜ会社にマイナンバーが必要なのでしょうか。もともとオープンにしているのなら、あまり意味がないように思えます。ある意味企業名というのはほぼオリジナルものですし、企業名があれば会社のことは判別がつくはずです。

最大の理由は企業を管理する行政手続きの効率化というところがあると考えられます。たとえば税金もそうですし、雇用関連などにおいても、企業を識別する必要がある場面はたくさんあります。そうした時に番号があることで行政の事務作業がとても楽になるのです。具体的には下記4つの目的が挙げられています。

 

  • 行政の効率化
  • 国民の利便性の向上
  • 公平・公正な社会の実現
  • 新たな価値の創出

 

法人番号で手続きがもっと便利に

また、お題目として「わかる。つながる。ひろがる。」といったキャッチコピーが、法人番号のメリットとして挙げられています。これだけ読んでもイマイチ意味がわかりませんね。具体的には「わかる」は会社の法人番号や名称がすぐにわかるということ、「つながる」は法人情報によって連携がしやすくなるということ、「ひろがる」は法人番号があることでもっと便利にサービスが変わっていく・増えていくということを指しているようです。

法人番号があることで、企業に関わる諸手続きをますます便利にしていこうというわけですね。これは私たちにとってもきっといろいろとメリットがあるはずです。具体的な活用シチュエーションとしては下記のようなものが例として挙げられています。

 

  • 取引情報を集約することで業務を効率化する
  • 法人番号を把握して新規営業先をリストアップする
  • 個人の場合は法人番号によって各種申請がスピーディにできるようになる

 

 

自営業者の場合はどうなるの?

このように個人にはマイナンバー、法人には法人番号があるわけです。では、そうなると自営業者、個人事業主の場合にはどうなるのと思われる方もいるでしょう。結論としてはご自身のマイナンバー、または従業員の方のマイナンバーを業務において利用することになります。法人番号のようなものはないということですね。

具体的には取引先から支払いをしてもらう際には、取引先が作成する支払調書に自分のマイナンバーを記載してもらう必要があります。また、アルバイトやパートさんを雇う時には、マイナンバーを教えてもらって、それを源泉徴収票に記載する必要があります。

漏えいには要注意

この時に注意したいのが、マイナンバーの漏えい・流出についてです。個人事業主さんといっても、ほとんどの方が大企業のようなセキュリティ体制を敷けてはいないと思います。そうなると、どうしてもマイナンバー管理において不備が出る可能性があります。セキュリティを気を付けようと思えば、今度は手間と時間がかかります。

どちらにしても大変ですが、漏えい・流出は大変な事件につながる可能性もあります。重々注意が必要だと言えるでしょう。具体的にはマイナンバーの書類は鍵のかかる場所に入れておく、PCからの流出を防ぐためにウイルス対策ソフトを利用する、必要のない書類はシュレッダーで廃棄といったことを徹底するべきだと言えます。

 

 

以上、お読みいただきありがとうございました。